引篭り
「おばあちゃんが言ってた…、男だネカマだと疑うよりも先に可愛がったほうがお得だってな」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
某所日記を読みつつつらつらと
クシャミしたら腰にキタ。
いや、急に、ガッ!って来るのなあれな
すごいビックリした。マジで。
俺もヤバいのか?そんな歳なのか俺?



さて先日は昼頃。
いつも通りにはぁはぁ言いながら眠っていると枕元で電波不足ケータイが鳴り始めました。
放置しているのですが中々切れません。しつこい電話です。
俺は今メイドさんと寝てるんだからやめろ電話スンナ(思考が眠っています(未だに妄想に使っています))



友達嫁からでした

「今暇?」
あ、すいません出るの遅くて 暇です
「いま家に友達が来てるんだけど、盛り上がらないから来て??」
僕は今一人で盛り上がってあはいいきます

はい、はいいけどキミら他に友達おらんのか
僕が行ったところで盛り下がる事間違いなし。


さみーさみーと心の中で連呼しながら友達の家に行きましたよ
自分コート持ってないんでそろそろ欲しいっすよ>-<
そいやいらっしゃってる友達って女の子らしいな
あー初めましての女性久しぶりだ
つぅか帰ってメイドさんと遊びたいな
しかしどうみても脳内です


ほら着きましたよ 友達の家。


UNOやったよUNO
この2005年11月にUNOて。
やることないのよなどうすればいい
つか、そりゃ盛り上がりも限界出るわ俺らじゃ



適度に負けて5ゲームほどした後、
旦那が出かける支度を始めなさいました。

旦那バイトだって。
おい。


女性二人と男一人を置いてお出かけになられるつもりですか旦那。おい。
つうか、つうか、俺も帰れっつう


まああとはまったりしてたよ。
DVD見たよ。ハリーポッター。初めて見た面白いねアレ。



食事をいただいた後にケータイを眺めながら
「明日はローゼンメイデンの日だなぁ」
と思いながらニヤニヤしていました(しかもスケジュール帖でです)
自分でも「これならおかしな犯罪を起こさないだろう」という思考はすごく安心できます
と同時に僕はやはりこういう場に出て来るべきではなかったなと思いました

夕飯ご馳走様でした あとケーキも。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。