引篭り
「おばあちゃんが言ってた…、男だネカマだと疑うよりも先に可愛がったほうがお得だってな」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いたた
扁桃腺が腫れました。
洗面所一面の鏡を通してぐいと覗き込むとノド全体を覆ってしまいそうなほど膨れ上がった扁桃が左右に二つ。
ああ急にこんなになりやがって。痛いったらありゃぁしないよ。

そそ、正しくは扁桃と言うそうですね。その部分全部を扁桃腺、って言うのはちょっと前までの言い方みたいです


さてさて、お医者様の診断はヤハリというかなんというかずばり急性扁桃炎。
安静にしたほうがいいですよとすっかりNEETの私に言いました。
あとこの先生診察中に「でっかいねー、かなりでっかいよー」と連呼しまくるので噴出しそうになってそっちのほうが危なかった。卑怯すぎる。

いやグッスリ眠った朝に目が覚める度に渇いてしまうノドがびりびりと痛む。冷たい水は沁みて痛い。
食事も辛いものは痛くてノドを通らず、水気のない乾き物は飲み込むのも一苦労。

薬を飲んでしても、ノドが少しでも渇けば耳の内側まで届くあの不愉快な痛みに見舞われます。
そんな訳でここ数日は手元のぬるま湯が欠かせません


見かねた母様、嬉々としながら「餡子が効くよ」と仰いました。


どれどれとテーブルに置いてあったアンコロモチを一口ぱくり、
甘味を舌で転がし一口飲み込みとすれば触れた扁桃が痛い痛い
あのマジこれ痛いんですがこれ激痛が
アッー!!!
餡子が扁桃に効くってどういう意味だったんですか
僕理解力不足してましたか
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。